半年以上玄関に放置してたズッキーニの種採りをする

自家採種

去年の夏、多分7月の前半ごろだったと思いますが、自家採種用に完熟させたズッキーニを収穫しました。

で、一か月くらい追熟させてから種採ろーって思って、そのまま玄関の靴棚の上に置いといたんですね。

そして案の定、そのまま半年以上経ちました(笑)

いやだって、全然腐らないし、だんだん色が変わってくのがきれいだったから・・・

っていうか、カボチャ系の完熟果の腐らなさはちょっと異常なのですよ。

8月に収穫したすくなかぼちゃもまだ4本玄関に置いてあるし。

防腐剤でも入ってんのか?っていうくらい全然腐らない。

なんなら、今日割ってみたズッキーニなんて、腐るより先に皮のへんが乾いてきてたし、まだまだ置いといても大丈夫そうでした。

とはいえ、あとひと月もすればぼちぼち種まきシーズンになるわけで、その時に種がまだ休眠してたら嫌だなーって思って、今日、思い切って割ってみました。

皮が結構固くなってるので、ナイフでたたき切るように切れ目を入れて、力ずくでこじ開けるような感じでバカっと開けてみました。

中身はまだまだみずみずしいのですね。

でも、腐りは全くなく、種もきれいでした。

こんだけ採れればあと3年はこのロットで大丈夫でしょう。ちゃんと低湿度で保存しとこっと。

だいたい300個くらい採れた。

それにしても、あんなにみずみずしい果実の中に半年以上閉じ込められていたのに全然発芽しないのって、普通に当たり前の仕組みみたいになってるけど、めっちゃ高度な仕組みだよなあ。そんでこれを土に播いたらすぐに生えてくるんだからまじ謎。

きっと果実の中が発芽を抑制する物質とかで満たされてるからなんだろうけど、だとすると種自身の代謝も完全に止まってるのか?

もしかして、追熟させすぎると発芽率が落ちるとかあるのかな?

でもそういう話はあんま聞いたことない気もするけど。

どうなんだろ。

まあいずれにしても、植物の種って、すごい不思議で、神秘的なまでに精緻なシステムだなと、すこし感動したのでした。

コメント