豆類

エダマメ

枝豆が最盛期突入

今年の枝豆は、4/10に第一弾を播き、それから一週間ごとに128のセルトレイに1枚ずつ、合計8回、時期をずらしながら種を播いてきました。(気温が十分に上がって安定した第6弾からは直播きです。) 種子は昨年自家採種した極早生種「げんき...
落花生

やっぱり落花生は自家採種するに限る

昨年の秋に極早生枝豆の自家採種に成功したことで、うちの豆類の種の自給率はかなり上がりました。 いまのところ、枝豆、スナップエンドウ、グリーンピース、ソラマメ、落花生、これらの豆類はすべて自家採種の種で栽培できています。 その中...
エンドウ

スナップぞくぞくの朝、シジュウカラは子育てに追われてる

朝、猫を抱きかかえて布団でぬくぬくしていると、先に起きて台所で作業していた彼女が、 「お弁当のスナップちゃんお願い」 と。 もぞもぞ起き出して、ズボンだけ履き替えて、パジャマのパーカーのまま、長靴を突っかけて、かごにはさ...
エダマメ

秋に自家採種した枝豆の発芽率がすごい&まっすぐな畝の新兵器

昨年の秋、食べ時を逃して大豆になってしまった遅まきの極早生枝豆がありました。 最初から狙ってたわけではないのですが、結果的に自家採種ができたわけです。 量的には1Lほどの収穫となり、だいたい2000粒の大袋ひと袋分...
エンドウ

初心に還る、エンドウの支柱

彼女と出会ってから、エンドウの栽培はこれが4シーズン目。 最初に種を購入して以来、毎年自家採種の種を使っていますが、それで全く問題なく栽培できています。 耐寒性の形質に限って言えば、最初に購入したアメリカ産種子よりも自家採種の...
エダマメ

お盆蒔き極早生枝豆が大豆になって、結果的に自家採種する

極早生枝豆の遅まきの限界を知るために、お盆の中頃に「げんき娘」という品種を蒔いたよっていうのを、先日、下の記事で書きました。 結果としては、「極早生品種をお盆のころに蒔いても普通に収穫出来る」っていうのがわかったのですが...
エダマメ

極早生枝豆は一番遅くていつまで蒔けるのか?

ことしの夏の間、飽きるほどに食べまくった極早生枝豆の「げんき娘」 2000粒の大袋で種を買ったため、少しだけ種が余りました。 いや、正確に言うと、ある実験をするために、種を少しだけ余らせておいたのです。 その実験とは、 ...
ニンニク

4度目の自家採種ニンニク植え付けと、1日じゃ全然終わらない落花生の収穫

僕らにとってちょっと特別な意味をもつニンニクの植え付けの日が今年もやってきました。 何が特別なのかは前にここに書いたとおりで、簡潔に言うと二人の出会いの記念日的なことです。 このニンニク、うちで自家採種を続けて、これが4度目の...
エダマメ

種苗法改正が見送られてよかったなーと切実に思いながら、枝豆の自家採種をする。

2年前の種子法廃止に続いて、菜園界隈の人たちの中で話題になっていた種苗法の改正は、今年の春、ひとまず見送られることとなりました。 改正案では、登録品種の自家採種をすべて許諾性にする可能性もあるとかいう話だったので、自家採種を積極的に...
エダマメ

枝豆は晴れた日の方が美味い。圧倒的に。

4月初旬から、だいたい一週間ごとの間隔を置いて、時期をずらしながら蒔いてきた極早生茶豆風味枝豆「げんき娘」は、7月中旬から収穫が始まり、それ以来現在まで途切れなく、毎日大量の収穫をもたらしてくれています。 現在収穫しているのは5月下...