「サマーベストEX」という結球レタスの品種が美味しいのだけど、早く出来過ぎ&病害発生で「レタスを夏まで採り続ける作戦」とん挫した

レタス

20日ほど前から、結球レタスが採れはじめました。

結球レタスを春に栽培するのは初めての経験でしたが、想像以上に簡単に、というか、ほとんど放置で立派なレタスが収穫できまして、喜んでおりました。

品種は、渡辺採種場の「早生サリナス」とタカヤマシードの「サマーベストEX」です。

どちらの品種も味は美味しいのですが、比べてみるとサマーベストのほうが大きくて巻きがゆるフワで個人的に美味でした。(早生サリナスはギュッと結球する感じ)

さて、そんな結球レタス。

2品種合わせて70株近く育てていまして、収穫し始めのころは、

これは夏までレタス食べ放題生活じゃん!

とか思っていたのですが、

1個目が採れはじめると、すぐに後続が大きくなってきて、毎日1個ずつ食べても全然追いつかなくなってしまいました><

先鋒の早生サリナスは畝の手前と奥で生育ペースが結構違ったし、サマーベストは播種日を半月ほどずらしたので、収穫もいい感じにずれるかなと思ってましたが、甘かった。

レタスって、結球し始めてからのスピードがめっちゃ速い。

結球し始めたなーと思うと、そこからはすぐ収穫サイズにまで成長するのですね。

また、5月末に数日続いた猛暑日と、ここ最近の梅雨空で、病気も発生してきまして、結球下部から茶色く腐っていく個体が出始めました。(症状から見て、「軟腐病」っぽい。 ペクトバクテリウム カロトボラムという細菌が原因で、白菜の軟腐病の原因菌と同じものらしい。土壌常在菌でどこにでもいる細菌なので、特に対策とかは打てないみたい。)

レタスは、結球してしまうとそこからはあまり長く持たないみたい。

なので最近は、友人や親せきにあげたり、販売したりして、急いで消費してます。

夏まで食べ続ける作戦はどうやらあと10日ほどで終了となってしまいそうです。

結球しない品種のサラダ菜は、まだまだ持ちそうなのですけどね。

結球レタスの旬は、想像以上に短かった・・・

種まき時期をずらせばもっと長く楽しめるのでしょうか?

また一つ、来年以降の課題が見つかりました。

コメント